• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

周辺海域の放射性濃度「異常なし」 水産物禁輸は継続―中国

配信

 【北京時事】中国生態環境省は5日、2023年の中国周辺海域の放射性物質濃度に「異常は見られなかった」とする年次報告を公表した。同年8月の東京電力福島第1原発の処理水海洋放出後も、数値に異常がなかったことを自ら示した形。一方、放出を受けた日本産水産物の禁輸措置は継続する見通しだ。

中国の水産物禁輸に懸念 処理水「科学的根拠示さず」―経産省

 年次報告は5月24日付。海水や海洋生物に含まれるストロンチウムとセシウムの濃度がいずれも基準を下回ったという。

 中国外務省の毛寧副報道局長は6日の記者会見で、「中国側が核汚染水の放出に反対する立場は一貫しており明確だ」と強調。水産物禁輸は国民の安全と健康を守る必要な措置で、「完全に合理的で合法だ」と主張した。また、日本に対し「国際社会の懸念に真剣に対応し、責任ある態度で処理することを望む」と求めた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ