米大リーグ、ニグロリーグの成績を公式記録に追加

配信

【ニューヨークAFP=時事】米大リーグ機構(MLB)は29日、人種差別のあったニグロリーグの成績を公式記録に取り入れた。米野球界の人種差別に対する画期的な動きにより、一挙に記録が書き換えられている。(写真は資料写真)

 MLBのロブ・マンフレッドコミッショナーは、この決定により長年の懸案事項だった、野球界を代表する名選手たちと肩を並べるにふさわしいアフリカ系米国人選手たちの功績が、認定されると述べた。

 黒人選手は、人種差別や人種隔離法により、ジャッキー・ロビンソンが1947年4月15日にブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)でデビューして人種の壁を破るまで、MLBでのプレーを禁じられていた。

 その中でアフリカ系米国人選手たちは、1920年から48年までニグロリーグでプレー。同リーグはMLBで華々しいキャリアを築くことになる選手を輩出したものの、当時の成績はMLBの公式記録に反映されていなかった。

 今回の決定により公式記録に取り込まれたことで、殿堂入りしたジョシュ・ギブソンらニグロリーグのスター選手たちが、ベーブ・ルースやウィリー・メイズ、ハンク・アーロンといった象徴的な選手たちと肩を並べたことを意味する。

 1930年から46年までニグロリーグでキャリアを全うしたギブソンの成績は、MLBで長らく保たれてきた記録を上回っている。

 ギブソンの生涯通算打率3割7分2厘は、1928年にタイ・カッブが引退してから破られていなかった同3割6分7厘の記録を更新。また、1シーズンの最高打率4割6分6厘や、1シーズンの長打率0.974、1シーズンのOPS(出塁率と長打率を合わせた値)でもMLB史上1位に浮上している。

 またギブソンは、通算長打率や通算OPSではルースの記録を抜いている。

 記録が統合されたことにより、MLBで活躍する前にニグロリーグでプレーした選手たちの既存記録も更新された。殿堂入り投手のサチェル・ペイジは通算勝利数が28勝から124勝に増加し、1シーズンでの防御率1.01がMLB史上3位となった。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ワールドEYE

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ