• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

関東南部は大雨警戒 台風1号、伊豆諸島で温帯低気圧へ

配信
【図解】台風1号の予想進路(30日15時現在)

【図解】台風1号の予想進路(30日15時現在)

 台風1号は30日夜、紀伊半島から南へ離れた海上を北上した。31日朝に伊豆諸島付近で温帯低気圧に変わる見込みだが、台風の北側に前線が延びている。このため関東南部も未明から大雨になる恐れがあり、気象庁は夕方にかけて土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

【時事ドットコム天気予報】

 伊豆諸島は大雨のほか、高波に警戒し、強風に注意する必要がある。31日午後6時までの24時間予想雨量は、関東南部と伊豆諸島の多い所で100ミリ。31日に予想される最大瞬間風速は関東海上と伊豆諸島で30メートル、波の高さは関東4メートル、伊豆諸島6メートル。

 1号は30日午後9時、紀伊半島の南方海上を時速25キロで北東へ進んだ。中心気圧は998ヘクトパスカル、最大風速20メートル。南東側330キロ以内と北西側165キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ