那須雪崩事故の用語解説・ニュース

配信

 那須雪崩事故 2017年3月27日午前8時半ごろ、栃木県那須町の茶臼岳で登山講習会に参加していた高校生らが雪崩に巻き込まれ、県立大田原高校山岳部の生徒7人と教諭1人の計8人が死亡、40人が重軽傷を負った。県教育委員会が設置した第三者検証委員会は同年10月、「主催者側の危機管理意識の欠如が事故の根源的要因」とする最終報告を公表。県警は19年3月、講習会の責任者や講師役の引率教諭3人を業務上過失致死傷容疑で書類送検し、宇都宮地検は22年2月、3人を在宅起訴した。一部遺族が起こした民事訴訟では、宇都宮地裁が昨年6月、県と県高体連に計約2億9000万円の賠償を命じる判決を出し、確定した。

最終更新:
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ