• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

円安で物価高なら「当然対応」 緩やかな利上げ「最適」―安達日銀委員

配信
記者会見する安達誠司日銀審議委員=29日、熊本市

記者会見する安達誠司日銀審議委員=29日、熊本市

 日銀の安達誠司審議委員は29日、熊本市で開いた記者会見で、最近の円安進行で輸入インフレ再燃が懸念されていることに関し、「今の状況が長期化すれば(悪影響が)当然出てくるはずだ」と述べた。その上で「具体的な影響が出てくれば当然対応する」と強調し、通貨安による輸入インフレを阻止するためには利上げも辞さない姿勢を示した。

国債購入「どこかで減額」 円安対応も選択肢―安達日銀審議委員

 先行きの金融政策について安達委員は「物価上昇率が2%に向け着実に上がっていく状況では、非常にゆっくりとしたペースで金利を調整していくというのが一番適している」と指摘。ただ、円安が加速し、「物価が上振れれば(金融緩和度合いの調整ペースを早めることを)考える」と語り、為替相場の動向次第で早期利上げもあり得るとの考えを明らかにした。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ