• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

国債購入「どこかで減額」 円安対応も選択肢―安達日銀審議委員

配信

 日銀の安達誠司審議委員は29日、熊本市で講演し、3月のマイナス金利政策解除後も継続している月間6兆円規模の国債買い入れについて「将来どこかの時点で減額させる」と述べた。ただ、急激な減額は金利上昇など悪影響を及ぼすとして「債券市場の需給や機能度などを勘案し段階的に減額していくのが望ましい」との見解を示した。

長期金利、12年半ぶり高水準 一時1.065%、4日連続上昇

 最近の円安進行に関しては、「物価目標実現に影響を与えると予想される場合には、金融政策による対応も選択肢の一つ」と指摘。輸入インフレが深刻化すれば、追加利上げもあり得るとの考えを明らかにした。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ