• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

UFO解明議連、来月6日発足 超党派で専門機関設置目指す

配信
超党派の「安全保障から考える未確認異常現象解明議員連盟」発起人会であいさつする自民党の小泉進次郎元環境相=28日午前、国会内

超党派の「安全保障から考える未確認異常現象解明議員連盟」発起人会であいさつする自民党の小泉進次郎元環境相=28日午前、国会内

 未確認飛行物体(UFO)を含めた「未確認空中現象(UAP)」を扱う専門機関を日本政府に新設しようと、超党派の国会議員が28日、「安全保障から考える未確認異常現象解明議員連盟」の発起人会を国会内で開いた。議連の会長には自民党の浜田靖一国対委員長、幹事長には小泉進次郎元環境相が就任。6月6日に設立総会を開く。

宇宙人技術の証拠なし 米、戦後のUFO記録調査

 米国では国防総省に専門機関が設置されるなど、UAPに関する政府レベルの取り組みが進んでいる。議連は「カウンターパート」となる機関を日本にも設け、情報の収集・分析と米政府との連携を進めるよう日本政府に働き掛ける考えだ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ