• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「挑発行為」と北朝鮮批判 日米と衛星警戒で連携―韓国

配信

 【ソウル時事】韓国大統領府は28日、声明を出し、北朝鮮による27日の偵察衛星打ち上げについて、「国際社会の平和と安全保障を脅かす挑発行為だ」と批判した。韓国軍は、事前に日米韓3カ国のイージス艦が周辺海域に分担して展開し、連携して警戒や情報収集に当たっていたと明らかにした。

北朝鮮、衛星打ち上げ失敗 飛行中に爆発、ロケットエンジン原因か―政府、Jアラート発出

 大統領府によると、偵察衛星を搭載したロケットの打ち上げ失敗直後、国家安保室が尹錫悦大統領に関連情報を報告。張虎鎮国家安保室長が「安保状況点検会議」を主宰し、対応を協議した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ