• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

極右台頭で警鐘 欧州に「悪い風」―マクロン仏大統領

配信
欧州議会選挙に向けた集会に参加する極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持者ら=1日、ドレスデン(AFP時事)

欧州議会選挙に向けた集会に参加する極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持者ら=1日、ドレスデン(AFP時事)

 【パリ時事】フランスのマクロン大統領は27日、欧州で「悪い風が吹いている。目覚めよう」と述べ、強権主義的な極右勢力の台頭により自由や民主主義が脅かされていると警鐘を鳴らした。訪問先のドイツ東部ドレスデンでの演説で訴えた。

極右との4党連立で合意 首相は決まらず―オランダ

 6月上旬に行われる欧州連合(EU)の欧州議会選では、加盟各国で極右政党の躍進が見込まれている。マクロン氏は、有権者が「将来を選ばなければならない」と指摘。その上で、誤った決断を下すようなことがあれば「欧州は滅びる可能性がある」と危機感をあらわにした。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ