• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

中国軍の新たな無人機を確認 東シナ海飛行、偵察目的か―防衛省

配信
東シナ海で、飛行が初めて確認された中国軍の無人機「WL10」(防衛省統合幕僚監部提供)

東シナ海で、飛行が初めて確認された中国軍の無人機「WL10」(防衛省統合幕僚監部提供)

 防衛省は27日、沖縄西方の東シナ海で、中国軍の偵察・攻撃型無人機「WL10」が日本の防空識別圏内に入ったと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進して対応。領空侵犯はなかった。初めて確認した機体といい、自衛隊が確認した中国軍の無人機としては5機種目。同省は中国機の活動活発化や無人機技術の進歩に警戒を強めている。

米軍大規模演習、自衛隊初参加 「バリアント・シールド」一部は国内で―防衛省

 防衛省によると、WL10は27日午前に中国大陸方向から1機で飛来し、東シナ海上空を数回、周回飛行して戻った。外見上、兵器の搭載は確認されておらず、偵察目的だった可能性が高い。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ