• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

明大の中山、誕生日に殊勲の一発 東京六大学野球

配信

 明大の中山が、負ければ優勝がなくなる試合で殊勲の一発を放った。2―2で迎えた八回の好機で代打起用。「チャンスで選んでもらったので、リラックスして臨んだ」。低めのスライダーを左翼席へ運び、ベンチで仲間たちと抱き合って喜んだ。この日が22歳の誕生日。「おめでとうと声を掛けてもらった」とうれしそうに話した。

一丸の勝利喜ぶ吉鶴 東京六大学野球・法大

 今季、4年生でリーグ戦デビュー。正捕手の座はつかめずスタメンでの出場はないが、勝負強い打撃で存在感を示してきた。早大との優勝決定戦にもつれ込む可能性があり、中山は「いい結果になるように準備する」と気合を入れた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ