• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

明大が勝ち点4 東京六大学野球

配信

 東京六大学野球春季リーグ戦第7週第3日は27日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が法大を4―2で下して2勝1敗とし、勝ち点4に伸ばして優勝の可能性を残した。同じ勝ち点4の早大が6月1日からの早慶戦で連敗すれば、明大が優勝。早大が1勝2敗で勝ち点を落とすと、明大との優勝決定戦が同5日に行われる。 

 明大は同点の八回に中山(4年、常総学院)の2ランで勝ち越し。先発の松本直(2年、鎌倉学園)ら4人の継投で反撃をかわした。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ