• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

パプア当局「2000人埋まった」 地滑りで治安悪化も

配信
26日、南太平洋のパプアニューギニア・エンガ州の地滑り現場で、捜索活動を行う人々(AFP時事)

26日、南太平洋のパプアニューギニア・エンガ州の地滑り現場で、捜索活動を行う人々(AFP時事)

 【シドニー時事】南太平洋のパプアニューギニアの防災当局は27日、先週末に起きた地滑り災害で「2000人以上が土砂に埋まったとみられる」と明らかにした。一方、被災地周辺では部族間の暴力が報告されており、治安悪化の懸念が強まっている。

【写真特集】パプアニューギニアで地滑り~死者600人超か~

 国連専門機関の国際移住機関(IOM)は、死者を「670人以上」と推定しているが、実際にはさらに増える可能性がある。24日未明の発生から既に72時間以上が経過しており、生存率の低下は避けられない状況だ。また、最後に国勢調査が行われたのは2000年で、当局は以後の人口増加の実態を把握できていないもようだ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ