• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

日本航空社長を厳重注意 旅客機トラブル受け―国交省

配信
日本航空機でトラブルが相次いでいることを受け、国土交通省から厳重注意を受ける同社の鳥取三津子社長=27日午後、同省

日本航空機でトラブルが相次いでいることを受け、国土交通省から厳重注意を受ける同社の鳥取三津子社長=27日午後、同省

 日本航空機でトラブルが相次いでいることを受け、国土交通省は27日、同社の鳥取三津子社長を同省に呼び、厳重注意した。来月11日までに再発防止策を報告するよう指示した。

日航事務所を臨時監査 旅客機接触トラブルなど受け―国交省

 鳥取社長は「多大なご心配をおかけしたことを深くおわびする」と謝罪。「時間は短いがしっかり分析した上で対策を取っていきたい」と述べた。

 日航を巡っては、羽田空港(東京都大田区)の駐機場で23日、乗客乗員300人余りが乗った同社の旅客機と、別の同社旅客機の翼の先端同士が接触した。10日には、福岡空港(福岡市)を離陸予定の日航機が、管制官が停止を指示していた停止線を越えて滑走路に接近。滑走していた別の旅客機が離陸を中止した。いずれのトラブルもけが人はいなかった。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ