• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

引退の山本「楽しかった」 義足アスリート第一人者―パラ陸上

配信
引退の記者会見に臨んだパラ陸上の山本篤=27日、神戸市内

引退の記者会見に臨んだパラ陸上の山本篤=27日、神戸市内

 パラ陸上走り幅跳びで活躍した義足アスリートの第一人者、山本篤(42)=新日本住設=が27日、神戸市内で引退の記者会見に臨み、「22年間の陸上人生は、僕にとって人生を楽しくする遊びだった。記録を出すこと、海外に行くことが本当に楽しかった」と語った。

 25日まで行われた世界選手権で5位。「自分の中で可能性がなくなり、プロのアスリートとして失格だなと思った。うそをつきながら陸上をしても楽しめない」と決断の理由を説明した。

 高校時代に交通事故に遭い、左脚を切断。パラリンピックの走り幅跳びは2008年北京、16年リオデジャネイロの両大会で銀メダル。4位だった21年東京大会以降は故障に苦しんだ。今後は後進の指導に励む一方、ゴルフに本格的に挑戦する。「日本でトップになれるよう努力し、世界大会にも出たい」と笑顔で話した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ