• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

米中首脳は平和会議参加を ロシアが新たな攻撃準備―ウクライナ大統領

配信

 【ベルリン時事】ウクライナのゼレンスキー大統領は26日、世界の首脳に宛てたビデオ演説を公開し、6月中旬にスイスで開かれる「平和サミット」への参加を呼び掛けた。特にバイデン米大統領と中国の習近平国家主席の出席を要望。またロシアが「新たな攻撃の準備をしている」と指摘し、ロシア側に停戦交渉の意思はないと強調した。

 ゼレンスキー氏は、ロシアが今月に地上侵攻を始めた北東部ハリコフ州の州都ハリコフで演説。ロシアが「ここから北西90キロの国境付近に部隊を集め、攻撃の準備をしている」と述べ、隣接するスムイ州で侵攻が試みられる可能性に言及した。

 スイスでは6月15、16両日、ウクライナの要請で、平和実現に向けたサミットが開催される。ゼレンスキー氏は80カ国超が参加すると明かした上で、特に米中首脳に対し、一時的な停戦ではなく「真の平和に向けた指導力を発揮してほしい」と訴えた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ