• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

静岡知事選、26日投開票 与野党対決、リニア巡り激戦

配信

 前知事の辞職に伴う静岡県知事選は26日、投開票される。県が着工を認めていないリニア中央新幹線静岡工区の問題などが主な争点。与野党対決の構図で、自民党は4月の衆院3補欠選挙の連敗を止められるかが焦点となる。知事選の結果は岸田文雄首相の政権運営に影響を与えそうだ。

リニアで幸せになるのは誰なのか 財政学、地域経済学の観点から 静岡大教授・川瀬憲子【時事時評】

 立候補しているのは、諸派で元会社員の横山正文氏(56)、共産党公認で党県委員長の森大介氏(55)、無所属で前浜松市長の鈴木康友氏(66)=立憲民主、国民民主推薦、無所属で元総務官僚の大村慎一氏(60)=自民推薦、無所属で自営業の村上猛氏(73)、無所属で会社社長の浜中都己氏(62)。同県知事選では最多の新人6人が争う。

 15年間にわたり県政を担った川勝平太前知事(75)はリニア静岡工区を巡り、県内を流れる大井川の水量減少や南アルプスの環境への影響に懸念を示してきた。選挙戦ではリニアの推進や中止を訴える候補が激戦を繰り広げた。

 主要候補は選挙の最終盤を迎えた25日、県内各地で街頭演説をし、森氏は自然環境を破壊するなどとして「リニア建設ストップを求める」と主張。鈴木氏は環境と両立しながらリニアを推進する考えで「水と生態系を守る」と強調。大村氏も推進の立場で「大井川の水と環境をしっかり守って進めていく」と訴えた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

政治用語

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ