• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ラファ侵攻停止命令に反発 ハマスと間接交渉再開も―イスラエル

配信
24日、イスラエル軍の空爆を受け、黒煙が立ち上るパレスチナ自治区ガザ最南部ラファ(ロイター時事)

24日、イスラエル軍の空爆を受け、黒煙が立ち上るパレスチナ自治区ガザ最南部ラファ(ロイター時事)

 【カイロ時事】国際司法裁判所(ICJ、本部オランダ・ハーグ)がイスラム組織ハマスと交戦するイスラエルに対し、パレスチナ自治区ガザ最南部ラファでの軍事作戦即時停止を命じる暫定措置を出したことについて、イスラエル側は24日、激しく反発し、戦闘継続を主張した。一方、ロイター通信によると、人質解放を巡るイスラエルとハマスの間接交渉が近く再開する見通しで、イスラエルは硬軟両様の構えを見せている。

国際司法裁、ラファ侵攻の即時停止を命令 イスラエルは戦闘継続の意向

 イスラエルのメディアによると、戦時内閣メンバーのガンツ前国防相はブリンケン米国務長官との電話会談で、ハマスによる昨年10月のイスラエル奇襲を受け、「正当かつ必要な」作戦を開始したと主張。ガザに連れ去られた人質を奪還し、イスラエル市民の安全を確かなものとするため、「ラファを含む戦闘継続は義務だ」と強調した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ