• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

収賄容疑で中将逮捕 長期戦へ綱紀粛正―ロシア

配信
ロシア軍のワジム・シャマリン中将=2023年10月、国防省提供(ロイター時事)

ロシア軍のワジム・シャマリン中将=2023年10月、国防省提供(ロイター時事)

 タス通信は23日、ロシア軍参謀本部通信総局トップのワジム・シャマリン中将が収賄容疑で逮捕されたと伝えた。プーチン大統領の通算5期目就任に伴う国防相交代に前後して、軍・国防省で身柄を拘束されたのは、次官だったイワノフ氏らに次いで4人目。

ロシア国防次官また解任 「ショイグ派」一掃か

 ロシアのウクライナ侵攻が長期化する中、プーチン政権は前線部隊の士気を維持しようと、軍・国防省の綱紀粛正を図っているもようだ。退任したショイグ前国防相に近かったサドベンコ次官が今月解任されており、「ショイグ派」の一掃も進めているとみられる。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ