• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

総選挙へ舌戦スタート スナク首相は実績訴え―英

配信

 【ロンドン時事】英国の与野党各党は23日、7月4日の実施が決まった総選挙に向け舌戦をスタートさせた。14年間政権を握る与党・保守党の苦戦が予想される中、スナク首相は低迷する支持率の回復を狙い、経済面などの実績を訴えた。

英総選挙、7月4日実施 14年ぶり政権交代か

 スナク氏は23日、中部ダービーシャーで第一声を上げた。報道によると同氏は、高水準だったインフレが低下していることから「われわれは大きな進展を生んだ。(保守党の)計画は機能している」と強調。ロシアのウクライナ侵攻や中国の台頭などで「世界はより不確かで危険になっている」とし、保守党政権の「大胆な行動と明確なプラン」の継続が国の安定化に必要だと訴えた。

 世論調査の支持率で保守党をリードする最大野党・労働党のスターマー党首は南部ケントのサッカー場でマイクを握った。「選挙は(保守党政権下の)混乱を終わらせ、国を再生させるチャンスだ」と述べ、政権交代実現へ支持を求めた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ