• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

仏大統領、ニューカレドニア入り 「早く平穏に」

配信
23日、フランス領ニューカレドニア中心都市ヌメアの空港で、記者団の取材に応じるマクロン仏大統領(EPA時事)

23日、フランス領ニューカレドニア中心都市ヌメアの空港で、記者団の取材に応じるマクロン仏大統領(EPA時事)

 【シドニー時事】フランスのマクロン大統領は23日朝(日本時間同)、暴動が続く南太平洋の仏領ニューカレドニアの中心都市ヌメアに到着した。混乱の収拾に向け、各党派との政治対話を開始した。

仏大統領、23日に政治対話 ニューカレドニアの暴動収拾図る

 マクロン氏は専用機で到着後、「私の目標はできるだけ早く平穏と治安を取り戻すことだ」と記者団に語った。

 ニューカレドニアでは、仏系移民の地方参政権拡大に向けた憲法改正の動きに独立派勢力が反発し、13日以降暴動が継続。仏政府は非常事態を宣言し、軍部隊や警察官を派遣して鎮圧を図っている。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ