大日本蹴球協会杯を発見 80年所在不明、慶大合宿所に―サッカー

配信
慶大ソッカー部の合宿所で見つかった「大日本蹴球協会杯」=22日、東京都文京区

慶大ソッカー部の合宿所で見つかった「大日本蹴球協会杯」=22日、東京都文京区

  • 「大日本蹴球協会杯」の返還式に出席した日本サッカー協会の宮本恒靖会長(右)=22日、東京都文京区

 戦禍などを免れ、約80年ぶりに発見―。日本サッカー協会は22日、1935~40年の全日本蹴球選手権(現天皇杯全日本選手権)の優勝チームに授与されていた「大日本蹴球協会杯」が見つかったと発表した。

西郷隆盛の直筆書簡発見 100年ぶり、大久保利通宛て

 優勝杯は、慶大BRB(卒業生と学生の混成チーム)が40年5月に優勝したのを最後に所在不明となっていたが、2023年になって慶大ソッカー部合宿所(横浜市)の棚を整理中に見つかった。第2次世界大戦の影響で大会が中止され、協会に返還する機会を逃したまま、長く合宿所に保管されていたとみられる。

 当時の金属類回収令により他競技の優勝杯はほとんどが消滅しているといい、歴史的観点からも貴重な物になる。返還式に臨んだ日本協会の宮本会長は、「非常に驚いているし、目の前にして圧倒されるところもある。歴史的にも意味がある」と語った。今後は、日本協会で保管される。

最終更新:

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ