• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

戦術核兵器の演習開始 ウクライナとNATO威嚇―ロシア国防省

配信
ロシア国防省が開始した戦術核兵器の演習(同省が21日に提供した映像より)(AFP時事)

ロシア国防省が開始した戦術核兵器の演習(同省が21日に提供した映像より)(AFP時事)

 ロシア国防省は21日、南部軍管区(司令部ロストフナドヌー)で戦術核兵器の演習を開始したと発表した。侵攻を続けるウクライナや後ろ盾の北大西洋条約機構(NATO)に核兵器の実戦使用をちらつかせ、威嚇した格好だ。

ウクライナ大統領在任5年超え 「正統性」ロシアが問題視

 国防省によると、短距離弾道ミサイル「イスカンデル」や極超音速ミサイル「キンジャル」に「特殊な弾頭」を搭載し、発射の準備態勢に入る演習が行われた。

 その様子を収めた映像も公開されたが、具体的な演習場所は明らかにされていない。ウクライナ侵攻では、通常弾頭を搭載したイスカンデルやキンジャルが使われている。

 演習は、西側諸国による「挑発的発言」への対抗措置を名目とし、フランスのマクロン大統領がウクライナ派兵の可能性に言及したことが念頭にある。今回は第1段階で、第2段階にはロシアが核兵器を移転したベラルーシも参加する見通し。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ