• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

長距離輸送で新会社 業界横断、共同配送へ―ヤマトHD

配信
【図解】ヤマトHDによる共同配送の仕組み

【図解】ヤマトHDによる共同配送の仕組み

 ヤマトホールディングス(HD)は21日、中小物流業者や荷主企業を巻き込んで長距離の共同配送を実現するシステムづくりに向け、新会社を設立したと発表した。依頼主の異なる荷物を1台のトラックに積んだり、運転手を交代させながらリレー形式で輸送したりするためのマッチングにより、輸送を効率化。トラック運転手の時間外労働規制に伴って物流の停滞が懸念される「2024年問題」に対応する。

新幹線荷物輸送が拡大 北海道から鹿児島まで―JR各社

 新システムは24年度中の稼働を目指す。新会社「サステナブル シェアード トランスポート(SST)」(東京)はトラックの積載率向上や共同配送のため、荷主や物流業者の共通化したデータを収集。幅広い業種の配送ニーズと物流網を組み合わせる。「パレット」と呼ばれる荷物を載せる台の形状を標準化し、積み下ろし作業も効率化する。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ