• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

AI向けパソコン展開 作業振り返り機能も―米MS

配信
20日、人工知能(AI)利用に最適な新型パソコンを発表する米マイクロソフトのナデラ最高経営責任者(CEO)(同社提供・時事)

20日、人工知能(AI)利用に最適な新型パソコンを発表する米マイクロソフトのナデラ最高経営責任者(CEO)(同社提供・時事)

 【シリコンバレー時事】米マイクロソフト(MS)は20日、人工知能(AI)利用に最適なパソコンを6月に発売すると発表した。最先端の半導体などにより、処理性能を最大20倍向上。その日の作業を振り返って確認できる「リコール」など、AIを活用した新機能を搭載した。

米MS、AI活用へ5000億円投資 大統領、雇用創出を強調

 MSは今回の製品を「コパイロット+PC」と呼ばれる新カテゴリーに位置付けた。自社の端末ブランド「サーフェス」で、対応のノートパソコンとタブレットを6月18日から発売する。いずれも999ドル(日本では20万7680円)から。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ