• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

国連安保理で黙とう イラン大統領事故死

配信

 【ニューヨーク時事】イランのライシ大統領らがヘリ墜落事故で死亡したことを受け、国連安保理は20日の会合冒頭、1分間の黙とうをささげた。グテレス事務総長も報道官を通じて声明を出し、イラン政府や国民に哀悼の意を表した。

イラン政策に変化なし イスラエル元当局者ら分析

 ライシ師は2021年の就任後、各国首脳が集まる国連総会の一般討論演説に毎年参加。ヘリに同乗し死亡したアブドラヒアン外相は今年4月、パレスチナ情勢に関する安保理閣僚級会合に出席していた。

 イランと敵対するイスラエルのエルダン国連大使は20日、X(旧ツイッター)で、ライシ師は「数千人の殺害に責任がある」と指摘。安保理による黙とうに対し「なんと恥ずべきことか」と批判した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ