• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「スーパークレイジー君」に懲役7年求刑 元市議、知人女性暴行―宮崎地裁

配信
宮崎地裁=宮崎市

宮崎地裁=宮崎市

 「スーパークレイジー君」の名前で政治活動した元宮崎市議で、知人女性に性的暴行を加えたとして不同意性交等致傷罪に問われた西本誠被告(37)の裁判員裁判の論告求刑公判が21日、宮崎地裁(船戸宏之裁判長)であり、検察側は懲役7年を求刑した。弁護側は執行猶予を求め、結審した。判決は24日。

「クレイジー君」起訴内容認める 元市議、知人女性暴行で初公判―宮崎地裁

 検察側は論告で「女性の必死の抵抗を無視した、卑劣で強引な犯行だ」と非難した。弁護側は「殴る蹴るなどの暴行はせず、傷の大部分は直接負わせていない」と情状酌量を求めた。西本被告は最終意見陳述で「被害者に申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と謝罪した。

 起訴状などによると、西本被告は昨年9月3日午前4時ごろ、30代の知人女性を宮崎市内のホテルで暴行。女性が逃げる際に階段から転落し、左手に全治約3週間の傷などを負わせたとされる。

 西本被告は昨年4月に市議に初当選した。同9月の逮捕後、市議会が全会一致で辞職勧告決議を可決し、今年2月に辞職した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ