サウジで初の水着ファッションショー 「歴史的な瞬間」

配信

【ウンマハト島AFP=時事】サウジアラビアで17日、水着モデルを起用したファッションショーが初めて開催された。約10年前まで全身を覆うゆったりした服「アバヤ」の着用を女性に義務付けていた同国では画期的な出来事だ。(写真は、サウジアラビアのウンマハト島で開催された「レッドシー・ファッション・ウィーク」でヤズミナ・カンザル氏の水着を披露するモデル)

 モロッコ人デザイナー、ヤズミナ・カンザル氏の作品を取り上げたプールサイドのショーでは、赤、青、ベージュなどの色合いのワンピース型の水着を着用したモデルが登場。大半は肩が露出し、おなかが見えるタイプの水着を着用したモデルもいた。

 カンザル氏はAFPに、「この国が非常に保守的なのは事実だが、アラブ世界を代表するエレガントな水着を披露しようと考えた」と説明。

 「ここに来てみて、サウジアラビアでの水着のファッションショーの開催は歴史的な瞬間だと分かった。このようなイベントは初めてだからだ」と述べ、「光栄」に思うと付け加えた。

 ショーは、西岸沖の紅海に位置するセントレジス・レッドシー・リゾートで、第1回「レッドシー・ファッション・ウィーク」の2日目に行われた。

 同リゾートは、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子兼首相が推進する社会・経済改革「ビジョン2030」の核となるプロジェクトの一つ、「レッドシー・グローバル」の一環として造られた。

 サルマン皇太子は2017年に就任して以降、イスラム教スンニ派の中でも特に戒律が厳しいワッハーブ派を昔から奉じているというサウジアラビアの厳格なイメージを緩和するため、さまざまな社会改革に乗り出してきた。

 その一環として、ショッピングモールで礼拝の時間になると棒で人々を追い回してモスク(イスラム礼拝所)に向かわせていた宗教警察による慣習の廃止、約35年ぶりの映画館の再開、男女混合の音楽フェスティバルの解禁などを行ってきた。

 一方で、こうした動きに反発を示す保守的な聖職者を含め、政策に批判的な勢力を標的にした弾圧を強めている。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ワールドEYE

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ