• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ベビーフード9万5000個回収 樹脂混入の恐れ―アサヒグループ食品

配信
フッ素樹脂が混入していたとしてアサヒグループ食品が自主回収するベビーフード「栄養マルシェ」シリーズに入っている「牛肉とほっくりじゃがいもの煮物」(同社提供)

フッ素樹脂が混入していたとしてアサヒグループ食品が自主回収するベビーフード「栄養マルシェ」シリーズに入っている「牛肉とほっくりじゃがいもの煮物」(同社提供)

 アサヒグループホールディングス傘下のアサヒグループ食品(東京)は20日、「和光堂」ブランドのベビーフード「栄養マルシェ」シリーズ5商品計9万5076個を自主回収すると発表した。岡山工場(岡山県里庄町)で製造中、一部にフッ素樹脂が混入したため。現時点で健康被害の申し出はないという。

物流危機、「冷凍おにぎり」が救う? 次世代コンピューターも活用

 回収するのは、いずれも「牛肉とほっくりじゃがいもの煮物」を詰め合わせた賞味期限2025年6月の「栄養マルシェ 鮭のまぜごはんランチ」「栄養マルシェ 牛肉おこわランチ」「BIGサイズの栄養マルシェ 田舎風弁当」。

 このほか、「西松屋」専用のセット商品「栄養マルシェ12か月セット」(賞味期限同年6月)、「トイザらス」向け「栄養マルシェ10個セット 12か月」(同5~6月)も対象。

 今月10日に購入者から問い合わせがあり発覚。返品すれば代金相当のクオカードを送るという。問い合わせ先はアサヒグループ食品「栄養マルシェ係」(0120)223076。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ