• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

イスラエル首相の逮捕状請求 ハマス指導者も、戦争犯罪の疑い―ICC検察官

配信
イスラエルのネタニヤフ首相=13日、エルサレム(EPA時事)

イスラエルのネタニヤフ首相=13日、エルサレム(EPA時事)

  • イスラム組織ハマス最高指導者のハニヤ氏(中央)と、パレスチナ自治区ガザのトップ、ヤヒヤ・シンワル氏(右)=2019年10月、ガザ市(AFP時事)
  • 国際刑事裁判所(ICC)のカーン主任検察官=4月25日、ボゴタ(AFP時事)

 【ブリュッセル時事】国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)のカーン主任検察官は20日、戦争犯罪や人道に対する罪などの疑いで、イスラエルのネタニヤフ首相やイスラム組織ハマス指導者らの逮捕状をICCの予審裁判部に請求したと発表した。今後、予審部が逮捕状の発付を判断する。

イスラエル首相の逮捕状準備か 国際刑事裁、ハマス指導者も

 発表によると、カーン氏が逮捕状を請求したのは、ネタニヤフ氏とイスラエルのガラント国防相に加え、ハマスの最高指導者ハニヤ氏やガザ地区トップ、ヤヒヤ・シンワル氏を含む3人。

 昨年10月7日のハマスによるイスラエルへの奇襲攻撃以降の戦闘を巡り、「刑事責任を負うと信じるに足る合理的な根拠がある」と指摘した。

 カーン氏は、イスラエルにいかなる軍事目的があっても、民間人に意図的に危害を加えることは「犯罪行為だ」と指摘。戦闘手段として「飢餓を利用する影響は深刻だ」と懸念を示した。ハマスに対しても、「計算された残酷な」奇襲攻撃を巡り「説明責任がある」と述べた上で、イスラエルから連れ去った人質を即時解放するよう求めた。

 イスラエル側はICCによる逮捕状発付を警戒。ネタニヤフ氏は4月下旬、X(旧ツイッター)への投稿で「自衛権の侵害だ」と反発していた。米メディアは、ネタニヤフ氏が4月28日のバイデン米大統領との電話会談で、ICCが逮捕状を出さないよう支援を求めたと報じていた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ