• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

長期金利、0.975% 11年ぶり高水準、日銀の国債購入減観測

配信
【図解】長期金利の推移

【図解】長期金利の推移

 20日の東京債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債の流通利回りが0.975%に上昇(債券価格は下落)した。2013年5月以来、約11年ぶりの高水準となった。日銀が国債買い入れを本格的に減額するとの観測が広がっており、債券を売る動きが活発化している。

日銀が国債購入減額 量的縮小、視野に―長期金利、半年ぶり高水準

 日銀が9日に公表した4月の金融政策決定会合の「主な意見」で、月6兆円程度としている国債買い入れ方針について見直す検討を進めていたことが明らかになった。13日の公開市場操作(オペレーション)で、国債(償還期間5年超から10年以下)の買い入れを500億円減額し、4250億円としたことも、日銀がさらなる金融正常化に踏み切るとの見方につながった。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ