• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

大谷「素晴らしい瞬間」 サヨナラ打で本拠地熱狂―米大リーグ・ドジャース

配信
レッズ戦の延長10回、サヨナラ打を放ちチームメートに祝福されるドジャースの大谷(中央右)=19日、ロサンゼルス

レッズ戦の延長10回、サヨナラ打を放ちチームメートに祝福されるドジャースの大谷(中央右)=19日、ロサンゼルス

  • レッズ戦の延長10回、サヨナラ打を放ち喜ぶドジャースの大谷(右)=19日、ロサンゼルス

 ドジャースの大谷が移籍後初のサヨナラ打。5万2656人が詰め掛けた満員の本拠地を熱狂の渦に変え、「長打ではなく単打をしっかりと、という打撃だった。ああいう状況で打てたことがあした以降にもつながる。素晴らしい瞬間だった」と満面の笑みを浮かべた。

大谷がサヨナラ打 ダルビッシュは200勝

 2―2で迎えた延長十回2死一、二塁。内角低めの速球に対し、体勢を崩しながら右翼へ運ぶ技ありの一打。サヨナラの走者を迎え入れると、二塁付近に駆け寄った同僚に水をかけられ、もみくちゃにされた。

 レッズとの本拠地4連戦では、16日に自身の首振り人形が配布され、17日にはロサンゼルス市で「大谷の日」が制定された。注目が集まったシリーズをサヨナラ打で締めくくり、「特別な週末だった。いい形で打ててよかった」と白い歯をこぼした。

 持ち味の長打を発揮するだけでなく、確実性のある打撃で高打率も残す今季。打席でのストライクゾーンの確認を徹底していると言い、「ストライクを振っていくというのは変わらない。状況に合った打撃をできれば、必然的に率も残ってくるのかな」。充実ぶりに手応えを感じているようだった。(ロサンゼルス時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ