• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

阿蘇・草千里のミヤマキリシマが見頃

配信
阿蘇山の草千里ケ浜周辺で、見頃を迎えたミヤマキリシマ=18日、熊本県南阿蘇村

阿蘇山の草千里ケ浜周辺で、見頃を迎えたミヤマキリシマ=18日、熊本県南阿蘇村

 阿蘇山の火口を望み、広大な草地が広がる観光地として知られる草千里ケ浜周辺(標高約1100メートル)で、ミヤマキリシマが見頃を迎えた。周囲の烏帽子岳や杵島岳には県内外から多くのハイカーが訪れ、美しい花と山の眺望を満喫している。ミヤマキリシマは、九州各地の山や高原に自生するツツジの一種。

 気象庁は15日、火山性微動や火山ガスの放出量がやや増加したため、阿蘇山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げた。火口周辺約1キロ圏の立ち入りを規制しているが、草千里ケ浜は通行できる。【もぎたて便】

最終更新:

関連記事

こんな記事も

にっぽんもぎたて便

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ