• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

頼新総統、民主主義国と連携へ 「中国は世界の脅威」―民進党、初の3期連続政権・台湾

配信
20日、台北で行われた就任式で手を振る台湾の頼清徳新総統と蕭美琴副総統(EPA時事)

20日、台北で行われた就任式で手を振る台湾の頼清徳新総統と蕭美琴副総統(EPA時事)

  • 20日、台北で行われた就任式で、拳を上げる台湾の頼清徳新総統(EPA時事)
  • 20日、台北で行われた就任式で手を振る頼清徳新総統(右)と蔡英文前総統(AFP時事)
  • 【図解】中台を巡る動き

 【台北時事】台湾の頼清徳新総統(64)は20日に就任演説を行い、中国との関係について「卑屈にも傲慢(ごうまん)にもならず、現状を維持する」と述べ、2期8年を務めて退任した蔡英文前総統の路線を継続する方針を示した。ただ、「民主主義と自由を台湾は譲れない」と主張し、米国や日本をはじめとする民主主義国との連携を重視する認識を繰り返し、独裁色を強める中国の習近平政権に対抗していく態度を鮮明にした。

中国、頼氏演説を警戒 一線越えれば台湾有事

 頼氏は演説で「民主、平和、繁栄が台湾の路線だ」と宣言。その上で、民主主義国と協力して「民主共同体の形成」に取り組むと語った。

 一方、台湾周辺や東・南シナ海における中国の覇権主義的な動きに関して、「中国の軍事行動と(軍事行動に至らない)グレーゾーンの威嚇が世界の平和と安定に最大の戦略的挑戦とみられている」と批判した。

 頼氏は、有権者に向けて「中国の主張を受け入れても、台湾を併合しようとするたくらみは消えない。国を守る意識を高めないといけない」と訴えた。中国に対しては「中華民国(台湾の正式名称)が存在する事実を直視してほしい」と要求。「台湾に対する威嚇の停止」を求めた。

 さらに、台湾の従来の公式見解に従い「中華民国台湾は主権ある独立した国家だ」と指摘。「中華民国と中華人民共和国は互いに隷属しない」として、対等の立場で対話を行うよう呼び掛けた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ