• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

大統領搭乗ヘリ不時着 アゼルバイジャン近く、悪天候か―イラン

配信
ライシ イラン大統領(EPA時事)

ライシ イラン大統領(EPA時事)

  • 【図解】イラン

 【イスタンブール時事】イランのメディアは19日、アゼルバイジャンとの国境に近いイラン北西部で、ライシ大統領やアブドラヒアン外相らを乗せたヘリコプターが不時着したと報じた。バヒディ内相は、不時着の原因について「悪天候だった」と説明したが、事故後の状況やライシ師らの安否は不明。救援隊が急きょ現地に向かったものの、濃霧などで作業は難航しているという。

本格衝突避け幕引き図る 攻撃受けたイラン、静観の構え―レーダー標的にとどめたイスラエル

 ライシ師は19日にアゼルバイジャンのアリエフ大統領らと会談し、両国国境付近にあるダムや発電所の完成式に出席。その帰途だったとみられる。イラン当局者はロイター通信に対し、「現場からの情報に大きな懸念を抱いている」とした上で、「ライシ師とアブドラヒアン氏の生命が危険にさらされている」と語った。

 地元メディアは、大統領の随行者らを乗せた他のヘリ2機は安全に目的地に到着したと伝えた。

最終更新:

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ