• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ロシア・中東に言及せず 3年ぶりに声明採択―APEC閣僚会合

配信

 【ワシントン時事】日米中ロなど21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合は18日、ペルー・アレキパで2日間の日程を終え、閉幕した。3年ぶりに共同声明を採択した。ただ、ロシアのウクライナ侵攻や中東情勢などへの直接の言及はなく、海運の混乱やコスト上昇などを挙げ、世界の貿易は「強い逆風に直面している」と懸念を示すにとどめた。

 2022年2月にロシアが侵攻を始めて以降、日米など西側諸国とロシアの対立が先鋭化。共同声明がまとまらない会合が続いていた。今会合では、政治的対立が激しい分野を避け、声明採択を優先させた格好だ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ