• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

外国スパイ法に拒否権 ジョージア大統領

配信
18日、ジョージアの首都トビリシで、外国の資金提供を受けるNGOなどを「スパイ」と見なす法案に抗議する人々(AFP時事)

18日、ジョージアの首都トビリシで、外国の資金提供を受けるNGOなどを「スパイ」と見なす法案に抗議する人々(AFP時事)

 旧ソ連構成国ジョージア(グルジア)からの報道によると、親欧米派ズラビシビリ大統領は18日、外国の資金提供を受けるNGOなどを事実上「スパイ」と見なす法案に拒否権を発動したと明らかにした。与党「ジョージアの夢」などロシア融和派が過半数を占める議会が14日、法案を可決したが、ズラビシビリ氏は成立に必要な署名をしないと明言していた。

外国スパイ法可決 大規模デモで混乱か―ジョージア

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ