• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

17日発射は戦術弾道ミサイル 「新たな誘導システム」導入―北朝鮮

配信
17日、戦術弾道ミサイルの試射を視察する金正恩朝鮮労働党総書記(右)=撮影場所不明(朝鮮通信・時事)

17日、戦術弾道ミサイルの試射を視察する金正恩朝鮮労働党総書記(右)=撮影場所不明(朝鮮通信・時事)

 【ソウル時事】朝鮮中央通信は18日、北朝鮮が17日に日本海で「新たな誘導システム」を導入した戦術弾道ミサイルの試験発射を行ったと報じた。システムの正確性と信頼性が検証されたとしている。試射には、金正恩朝鮮労働党総書記が立ち会った。正恩氏は、独自開発による誘導システムの導入が「成功」したことに戦略的価値があると強調し、「大満足」の意を示したという。

 韓国軍は17日、北朝鮮が東部の江原道元山付近から日本海に向け、短距離弾道ミサイルと推定される数発を発射したと発表していた。18日の報道は、このミサイルを指すとみられる。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ