• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

台湾で国会乱闘、6議員搬送 頼新政権の発足直前

配信
17日、台北で、立法院(国会)の審議中にもみ合いになる立法委員(国会議員)ら(ロイター時事)

17日、台北で、立法院(国会)の審議中にもみ合いになる立法委員(国会議員)ら(ロイター時事)

 【台北時事】台湾の立法院(国会)本会議で17日、立法院の改革関連法案の強行採決を図った最大野党・国民党と、阻止しようとした与党・民進党の立法委員(国会議員)が激しく衝突し、6人が病院へ搬送された。審議は深夜まで続いて中断し、21日に再開されることになった。

首相模した人形を「リンチ」 極右集会で、与党が告訴―スペイン

 立法院前では野党の強引な国会運営に反発する学生らが集まって採決中止を訴え、一時騒然となった。18日以降、抗議活動が広がる可能性がある。

 台湾では中国と距離を置く民進党の頼清徳副総統が20日、新総統に就任する。1月に総統選と同時実施された立法委員選では民進党が少数与党に転落し、親中的な国民党に第1党の座を明け渡した。2月に開会した立法院で院長(国会議長)ポストも国民党に譲り、厳しい政権運営が必至の情勢となっている。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ