• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

アフガン市街地で銃撃、4人死亡 3人はスペイン国籍か

配信

 【ニューデリー時事】アフガニスタン中部バーミヤンの市街地で17日夜、銃撃事件が起き、外国人3人を含む少なくとも4人が死亡した。イスラム主義組織タリバン暫定政権の内務省が明らかにした。当局は事件に絡み4人を逮捕。動機などを調べている。

アフガンの水害死者300人超に

 内務省報道官によると、他に外国人4人、アフガン人3人が負傷した。搬送先の病院によれば、死亡した外国人3人はいずれもスペイン国籍。負傷した外国人は、スペイン、ノルウェー、オーストラリア、リトアニアの国籍という。いずれも観光客とみられる。

 在アフガン日本大使館によれば、現時点で日本人が被害に遭ったとの情報はない。内務省報道官は「犠牲者の家族に深い哀悼の意を表するとともに、全ての犯罪者を見つけ処罰する」との声明を出した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ