米政権、大麻規制緩和を提案 解熱鎮痛剤と同等扱いに

配信

【ワシントンAFP=時事】米国のジョー・バイデン政権は16日、大麻の規制を緩和し、危険度がより低い薬物に分類することを正式に提案した。歴史的な大きな転換となる。(写真は資料写真)

 バイデン氏はビデオメッセージを公開し「大麻の使用や所持だけで刑事施設に入れられるべきではない」「大麻に対する誤った対策により、あまりにも多くの人の人生が狂わされてきたが、私はこれを正すために尽力する」と述べた。

 大麻は1970年以降、規制物質法(CSA)でヘロインやエクスタシー、LSDなどと同じ「1類」に分類されてきた。1類は依存性が高いとみなされており、また医療用の使用も禁止されている。

 提案は大麻を「3類」に分類する内容となっている。ケタミンやコデイン類含有鎮痛剤などと同様に乱用性の可能性は低いとされる。

 規制緩和は大麻を完全に合法化するものではないが、連邦レベルで取り締まりの対象となる件数は減少するとみられている。

 米調査機関ピュー・リサーチ・センターによる調査では、米国人の88%が医療用もしくは嗜好(しこう)用の大麻は合法であるべきと考えており、完全に非合法であるべきと考えている人はわずか11%にとどまっている。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ワールドEYE

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ