• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

円安、6割超が「利益にマイナス」 110~120円台が適正―帝国データ調査

配信
【図解】円安が自社の業績に与える影響

【図解】円安が自社の業績に与える影響

 帝国データバンクは17日、円安に関する企業の影響アンケートの調査結果を発表した。昨今の円安進行について、63.9%の企業が「利益にマイナス」と回答。適正な為替レートとしては「1ドル=110~120円台」が約半数を占めた。

3メガ銀、初の純利益3兆円超え 円安、米金利上昇追い風―24年3月期

 現在も1ドル=150円を超える円安が続いており、帝国データは「原材料などの価格上昇分を転嫁できる機運を高め、継続的な賃上げによる消費拡大、設備投資の増加につなげる必要がある」と指摘している。

 円安が利益に「プラス」と答えた企業の割合は7.7%、「影響なし」は28.5%だった。売上高についても、マイナス影響が35.0%と、プラスの16.0%を大きく上回った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ