• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ロバート・デナード氏死去 DRAM生みの親、京都賞

配信

 ロバート・デナード氏(DRAM技術の発明者)米紙ニューヨーク・タイムズによると、4月23日、ニューヨーク州の病院で死去、91歳。遺族の話では、死因は細菌感染症という。

京都賞に柳町名誉教授ら 顕微受精技術を確立―稲盛財団

 南部テキサス州生まれ。1958年にカーネギー工科大(現カーネギーメロン大)で博士号を取得後、米コンピューター大手IBMで勤務。パソコンやスマートフォンの情報を記録する半導体メモリーの一種であるDRAMの基本構造を60年代に発明した。

 科学や文明の発展に貢献した人に贈られる京都賞を2013年に受賞。同賞は京セラ創業者の故稲盛和夫氏が創設した。(ニューヨーク時事)。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ