• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

大麻、解熱鎮痛剤並みに 米政府が区分変更発表

配信
米司法省=ワシントン(AFP時事)

米司法省=ワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】米政府は16日、大麻を一部の解熱鎮痛剤などと同程度の「危険性の低い薬物」に分類変更すると発表した。異議申し立てなどを受け付ける手続きを経て最終決定する。米国では既に多くの州で大麻が合法化されているが、連邦政府も規制緩和を決めた。

「現代のアヘン戦争」 米中間の深刻な懸念 強力な麻薬フェンタニル 山田敏弘(国際情勢アナリスト)

 ジャンピエール大統領報道官は記者会見で「政権は大きな一歩を踏み出した」と意義を強調した。中毒性の高い合成麻薬「フェンタニル」の乱用が米国で社会問題となる中、危険度が低い大麻に対する規制が厳し過ぎると指摘されていた。

 司法省の発表によると、大麻はこれまでヘロインや合成麻薬「LSD」などと同様に、乱用の可能性が最も高い「1類」に指定されていた。これを乱用の可能性がより低い、一部の解熱鎮痛剤などと同じ「3類」に変更する。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ