• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

パレスチナ加盟を支持 決議採択、日本など143カ国賛成―国連総会

配信
10日、ニューヨークの国連本部で、パレスチナの国連加盟を支持する総会決議を採択する緊急特別会合(EPA時事)

10日、ニューヨークの国連本部で、パレスチナの国連加盟を支持する総会決議を採択する緊急特別会合(EPA時事)

  • 10日、ニューヨークで開かれた国連総会の緊急特別会合で、国連憲章の冊子を細断するイスラエルのエルダン国連大使(AFP時事)

 【ニューヨーク時事】国連総会(193カ国)は10日、緊急特別会合を開き、パレスチナの国連加盟を支持し、安全保障理事会に再検討を求める決議を日仏中ロなど143カ国の賛成多数で採択した。総会決議に法的拘束力はないが、国際社会の総意として政治的な重みを持つ。

複数の加盟国、パレスチナ国家承認へ 21日にスペインなど―EU外相

 反対はイスラエルや米国など9カ国にとどまり、英独伊など25カ国が棄権。パレスチナ自治政府のアッバス議長はメディアを通じた声明で「対イスラエルで世界が結束した」と採択を歓迎した。

 パレスチナは現在、投票権を持たない「オブザーバー国家」として活動。正式な加盟国となるには安保理が勧告を出す必要があるが、イスラエルの後ろ盾の米国が4月、安保理で加盟勧告決議案に拒否権を行使した。

 これを受け、アラブ諸国を代表してアラブ首長国連邦(UAE)が今回の総会決議案を提出。パレスチナが国連憲章の定める加盟資格を有するとして「加盟が認められるべきだ」と明記し、安保理に対し「好意的に再検討」するよう勧告した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ