ケイティ・ペリーの「メット・ガラ」AI画像 ファンも母親もだまされる

配信

【パリAFP=時事】米歌手ケイティ・ペリーは6日、ニューヨークのメトロポリタン美術館で同日に開催されたファッションの祭典「メット・ガラ」に自身が出席していたように見えるAIが生成したフェイク画像をインスタグラムに投稿し、母親も本物だと信じ込んでいたと明かした。(写真は、「メット・ガラ2024」に自身が出席したかのように見えるAIが生成したフェイク画像を示すケイティ・ペリーのインスタグラム画面)

 2枚の画像はいずれも、ペリーが会場となるメトロポリタン美術館の階段に立っているように見えるもので、1枚は、たくさんの花があしらわれたゴージャスなドレス、もう1枚は、戦士のよろいを思わせるブロンズのビスチェに植物をモチーフにしたペチコートを着ている。

 ペリーは画像に「メタバース(仮想空間)」と位置情報を付けたが、多くのファンは、ペリーがメット・ガラに出席したと思い込んだ。ペリーは2億700万人のフォロワーに対し、「メットには行けなかった。仕事があったので」と説明した。

 母親からも「あなたがメットに行ったなんて知らなかった」と連絡があったとし、「笑 ママもAIにだまされてる。気を付けて!」と返信したやりとりを明らかにしている。

 この日は他にも、歌手のリアーナや歌手で俳優のセレーナ・ゴメスらのフェイク画像も出回った。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ワールドEYE

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ