• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

大学生転落死、少年に「無罪」 監禁の故意認めず―大阪家裁

配信

 「美人局(つつもたせ)」の手口で脅された男子大学生=当時(22)=が転落死した事件で、監禁致死の非行内容で送致された男子高校生(15)について、大阪家裁(野口卓志裁判長)は8日、「少年に非行がない」として、少年審判で刑事裁判の無罪に当たる「非行事実なし」の不処分を決定した。

女子中学生を少年院送致 「美人局」で大学生転落死―大阪家裁

 野口裁判長は決定で、男子高校生は大学生を誘い出したビル内に入っていないと指摘し、「逃げ場がない場所に監禁したと認識していたとは言えない」と判断。男子高校生が「監禁の故意」を有していたと認めることはできないと結論付けた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ