• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

慶大の清原、貴重な一打 東京六大学野球

配信

 慶大の清原が貴重な一打でチームを勝利に導いた。九回1死二塁で左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、1点を先制。「打った瞬間に飛んでいってくれと思った」。リーグ戦初の本塁打とはならなかったが、「点が入れば何でもいい」と割り切った様子だった。

 プロ野球で活躍した和博さんの長男として注目を浴びながら、今季は4番を務める。打席ごとにタイミングを修正して3安打と打線をけん引し、「何とか期待に応えられた」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ