• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

重要鉱物安保で産出国と協議 供給網強化へ日米欧など

配信

 日本や米国、欧州連合(EU)などは5日、ニッケルなど重要鉱物の供給網強化に向け、産出国を交えたフォーラムをベルギーで開いた。資源が偏在する重要鉱物を安定的に確保するため、カザフスタンやウクライナといった産出国と協議を深める。

重要鉱物の供給網強化 日米比首脳合意へ―南シナ海の合同監視検討

 フォーラムは、2022年に米主導で設立された鉱物資源安全保障パートナーシップ(MSP)に産出国を加えて開催。MSPは脱炭素化に不可欠な重要鉱物の供給網の多角化や、戦略的な鉱山開発を目指して協調を進めている。

 オンラインで参加した上月良祐経済産業副大臣は「フォーラムを通じ、生産国と消費国の協力関係をさらに深め、強靱(きょうじん)な供給網の実現に貢献していきたい」と語った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ