• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

産業界改善で長期的上昇=なかのアセットマネジメント社長・中野晴啓氏

配信

 日銀の上場投資信託(ETF)買い入れ停止で企業の良しあしが明快になるだろう。東証の要請による企業の資本効率改善への取り組みはスタートラインだ。自社株買いや増配を通じた株価上昇は短期的な目線にすぎない。個別企業の収益性向上を通じた産業界全体の改善と並行し、日本株は長期的に上昇する。

 日経平均株価急騰の大きな要因は過度な円安だ。長引く不動産不況で経済が停滞する中国から日本への資金流入も影響している。ただ、日経平均の最高値更新が達成され、株価は踊り場にある。短期筋には売り材料となり上値が重い。

 この先はマイナス金利解除後の日銀の金融政策が焦点だ。大企業の賃上げ率は事前予想を上回り、デフレからインフレ社会に向けた抜本的転換となった。やがてインフレ率に鑑みた利上げを実行する方向に動けば、行き過ぎた円安は修正され株式市場は大きな調整を迫られるだろう。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

私の相場観

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ